第19回地下空間シンポジウムが無事終了いたしました.

2014年2月10日

 さきの,1月22日に「第19回地下空間シンポジウム」が開催され,無事終了いたしました。
また,前日に行われた現場見学会も,無事終了いたしました。
 ご協力頂いた関係各位には,厚く御礼申し上げます。

 今回のシンポジウムでは,「社会レジリエンス向上に向けた地下空間の可能性」をテーマに取り上げ,午前中は基調講演,およびパネル・ディスカッション,午後は論文発表が行われました。
 午前中は,自然災害などのリスクに対して,社会全体の被害を最小化するために地下空間をどのように活用するべきか,その実現に向けた現状と課題,地下空間の今後のあり方について,会場も含めた活発な議論が行われ,午後には,32編の論文発表・活発な質疑応答が行われるとともに,下記の2編の「優秀講演論文賞」選出も行われ,実り多いシンポジュームとすることができました。

 来年度は土木学会100年記念,地下空間シンポジュームも第20回の節目となります。
今後とも,一層の御引き立てを お願い申し上げます。

【開催お知らせ】地下空間の防災・減災セミナー ~水害時の避難を中心に~

2014年2月10日

 大地震に伴う津波や激しい集中豪雨による浸水、あるいは大規模火災などにより、地下空間において大きな被害が発生することは十分予想されます。災害時の地下空間の安全性や危険性についてきちんと理解したうえで、地下空間の防災・減災について考えていく必要があります。
本セミナーでは、水害時の避難に焦点をあてて、地下空間での浸水状況や人間の避難行動についての最近の研究成果について話題提供をいただき、それらをもとに、今後取り組むべき課題やその解決策について参加者全員で総合的な議論を展開しようとするものであります。

第19回地下空間シンポジウム「安全・安心な社会の形成に向けて~社会レジリエンス向上に向けた地下空間の可能性~」

2013年12月4日

 「地下空間研究委員会」では、健全で豊かなゆとりのある地下空間を現実のものとするために、土木工学のみならず、都市計画、建築、法律、医学、心理学、福祉、さらには芸術、経済学の分野までをも包含・総合化した“地下空間学”の確立を目指し、「第19回地下空間シンポジウム」を開催いたします。
このシンポジウムでは、『地下空間利用』という観点から、これに関する計画、建設、防災、維持管理、環境、心理、空間デザイン、普及など、幅広い問題にわたり意見・情報交換を行い、建設的で充実した議論を行いたいと考えております。
 今回は,「社会レジリエンス向上に向けた地下空間の可能性」をテーマに取り上げました。東日本大震災の経験を踏まえ,安全・安心な社会の実現のために,様々なリスクに対する社会全体の強靭性(レジリエンス)を求める議論が高まっています。自然災害などのリスクに対して,社会全体の被害を最小化するために地下空間をどのように活用するべきか,その実現に向けた現状と課題を整理し,地下空間の今後のあり方について各方面よりご意見をいただき議論してまいります。会員・非会員を問わず、多数の方々のご参加をお待ちしております。

「第7回夏休み親子見学会」 盛況のうちに無事終了いたしました

去る7/27(土)午後、「第7回夏休み親子見学会」を開催し、無事終了いたしました。

会場は,相鉄・JR直通線 西谷トンネル工事の現場で,小学生とその保護者12組25名にご参加いただき,掘進中のシールドトンネル坑内などを見学しました。

現場見学後,地下空間の有用性を知ってもらおうと,参加した小学生の皆さんに地下空間クイズと題して,地下のメリット・デメリットや地下に作りたい施設などについて考えていただき,最後に「地下空間こども博士」の認定賞状を授与いたしました。
この見学会を通じて,今後も地下空間や土木工事についての関心を高めていただけましたら幸いです。

なお,今回の親子見学会に際しましては,鉄道・運輸機構様ならびに大成・東急・エス・ケイ・ディJV様の多大なるご協力をいただきました。あらためてお礼申し上げます。

地下空間研究委員会主催 「第7回 夏休み親子見学会」 開催のご案内

地下空間研究委員会主催「第7回 夏休み親子見学会」を以下のとおり開催いたします。

おかげさまで、多数のお申込みを頂き定員に達したため、申込みは締切りました。

なお、既に申込み受付をさせてい頂いた方には、後日、各参加者様 宛に直接ご案内をさせていただきます。

申込書送付先
公益社団法人土木学会 研究事業課 佐藤 雅泰 宛
所在地 :〒160-0004
東京都新宿区四谷1丁目 外濠公園内
FAX:(03)5379-2769
E-Mail:sato@jsce.or.jp

参加申込締切:定員に達したため、締切りました

「第19回地下空間シンポジウム」の開催と論文募集について

2013年5月11日

 「地下空間研究委員会」では、健全で豊かなゆとりのある地下空間を現実のものとするために、土木工学のみならず、都市計画、建築、法律、医学、心理学、福祉、さらには芸術、経済学の分野までをも包含・総合化した“地下空間学”の確立を目指し、「第19回地下空間シンポジウム」を下記にて開催いたします。
 本シンポジウムでは、地下空間利用に関する計画、建設、防災、維持管理、環境、心理、空間デザイン、普及など、幅広い問題にわたり意見・情報交換を行い、建設的で充実した議論を行いたいと考えております。
 多くの方々に本シンポジウムへのご参加ならびに論文発表をしていただきたく、ご案内申し上げます。

第18回地下空間シンポジウム 「安全・安心な社会の形成に向けて~大規模水害に対する地下空間の現状と課題~」

2012年12月31日

 「地下空間研究委員会」では、健全で豊かなゆとりのある地下空間を現実のものとするために、土木工学のみならず、都市計画、建築、法律、医学、心理学、福祉、さらには芸術、経済学の分野までをも包含・総合化した“地下空間学”の確立を目指し、「第18回地下空間シンポジウム」を開催いたします。
 このシンポジウムでは、『地下空間利用』という観点から、これに関する計画、建設、防災、維持管理、環境、心理、空間デザイン、普及など、幅広い問題にわたり意見・情報交換を行い、建設的で充実した議論を行いたいと考えております。
 今回は、前回のテーマである「巨大災害に対する地下空間の役割」に引き続き、「大規模水害に対する地下空間の現状と課題」をテーマに、過去に発生している河川の氾濫洪水(外水)、集中豪雨による水害(内水)、大地震による水害(津波)等の経験を踏まえ、大規模水害に対して、地下空間の防災対策・減災対策の現状と課題などを議論し、安全で安心な社会づくりに向けた地下空間利用のあり方について皆様とともに考えていきたいと思います。会員・非会員を問わず、多数の方々のご参加をお待ちしております。

地下空間研究委員会主催 「第6回 夏休み親子見学会」 開催のご案内

地下空間研究委員会主催「第6回 夏休み親子見学会」を以下のとおり開催いたします。

参加ご希望の方は、添付の「行事参加申込用紙.xls」をダウンロードし、参加者(小学生と保護者)1組につき、1枚にて必要事項をご記入のうえ、下記「申込書送付先」までFAXもしくはE-mail(E-mailの場合、同申込書を添付の上、メール件名:「夏休み親子見学会参加申込」)にてお送りください。

なお、当日の集合場所その他詳細については、参加申込締切後、各参加者宛に直接ご案内させていただきます。

申込書送付先
社団法人土木学会 研究事業課 佐藤 雅泰 宛
所在地 :〒160-0004
東京都新宿区四谷1丁目 外濠公園内
FAX:(03)5379-2769
E-Mail:sato@jsce.or.jp

参加申込締切:2012年7月13日(金)必着

「第18回地下空間シンポジウム」開催のご案内および講演申込・論文投稿の募集について

2012年5月3日

 「地下空間研究委員会」では、健全で豊かなゆとりのある地下空間を現実のものとするために、土木工学のみならず、都市計画、建築、法律、医学、心理学、福祉、さらには芸術、経済学の分野までをも包含・総合化した“地下空間学”の確立を目指し、「第18回地下空間シンポジウム」を開催いたします。

 このシンポジウムでは、地下空間利用に関する計画、防災、維持管理、環境、心理、空間デザイン、普及など、幅広い問題にわたり意見・情報交換を行い、建設的で充実した議論を行いたいと考えております。

 会員・非会員を問わず、多数の方々の講演ご応募をお待ちしております。
 なお、講演申込、論文投稿はすべてインターネットにて受付を行います。

 講演申込、論文投稿にあたりましては、下記内容を充分にご確認頂く様お願いいたします。

第17回地下空間シンポジウム「安全・安心な社会の形成に向けて~巨大災害に対する地下空間の役割~」

2011年12月1日

 「地下空間研究委員会」では、健全で豊かなゆとりのある地下空間を現実のものとするために、土木工学のみならず、都市計画、建築、法律、医学、心理学、福祉、さらには芸術、経済学の分野までをも包含・総合化した“地下空間学”の確立を目指し、「第17回地下空間シンポジウム」を開催いたします。
このシンポジウムでは、『地下空間利用』という観点から、これに関する計画、建設、防災、維持管理、環境、心理、空間デザイン、普及など、幅広い問題にわたり意見・情報交換を行い、建設的で充実した議論を行いたいと考えております。
 今回は、「巨大災害に対する地下空間の役割」をテーマに、平成23年3月11日に発生した東日本大震災の経験などを踏まえ、とくに、限られた空間の中で高密度な社会を営む都市エリアでの自然災害に対して、被災直後から復旧・復興期にかけて地下空間が果たすべき役割や、地下空間を含む都市の防災対策・減災対策の課題などを議論し、安全で安心な社会づくりに向けた地下空間利用のあり方について皆様とともに考えていきたいと思います。会員・非会員を問わず、多数の方々のご参加をお待ちしております。

ページ