第22回地下空間シンポジウム論文表彰者

2017年6月21日

第22回地下空間シンポジウム(2017年1月20日開催)の論文発表において,下記2件の論文が講演優秀賞ならびに講演奨励賞を受賞されました。

■講演優秀賞(一般投稿論文)
「地下鉄トンネルの検査データに基づいた健全度評価とマルコフ過程を用いた
劣化予測手法に関する検討」

三浦 丈典 殿(早稲田大学大学院)
赤木 寛一 殿
小西 真治 殿
五十嵐 翔太 殿

■講演奨励賞(一般投稿論文)
「鉄道地下駅の3次元シェル要素解析による側壁開口時挙動の評価」

坂田 智基 殿(中央復建コンサルタンツ株式会社)
室谷 耕輔 殿
仲山 貴司 殿
西山 和宜 殿

以上

【開催案内】土木学会地下空間研究委員会(主催)夏休み親子現場見学会

募集を締め切りました.

2017年6月13日

 相鉄・東急直通線は、相鉄・JR直通線羽沢駅(仮称)と東急東横線・目黒線日吉駅間約10kmを新設するものです。今回見学頂く新横浜駅(仮称)は、相鉄・東急直通線に設けられる地下駅で、東海道新幹線、横浜線および横浜市営地下鉄ブルーラインとの乗換駅となります。地下約30mまで掘削して築造する地下駅工事の様子を見学し、地下工事に関する知識を学んで頂きます(工事用仮設階段の昇降を伴います)。

研究成果報告会

2017年5月22日

 このたび土木学会地下空間研究委員会は,下記のとおり,第7期(平成26~平成28年度)地下空間研究委員会の研究活動報告ならびに,第8期(平成29年度~31年度)に向けた課題・方向性などのご意見を頂戴することを目的として,地下空間研究委員会研究活動報告会を開催いたします.
 昨今の環境、経済・財政面での厳しい制約の中,豊かで活力ある地域・都市空間を形成するにあたり,地下空間が果たすべき役割と,その活用の効果,有用性について,委員はもとより,委員会外から数多くの方に参加頂き,情報を共有してまいりたいと考えています.そこで頂いた数多くのご意見を今後の活動に反映し,研究活動をより有意義なものにしていく所存でございます.
 つきましてはご多忙中とは存じますが,ぜひ多数の方々にご出席賜りますようお願い申し上げます.

第3回地下空間維持管理セミナーについて

2017年4月3日

 維持管理小委員会では,地下構造物の維持管理に関して早くから問題意識を持ち,1996年度から今まで様々な取り組みを行ってきました.そして,それらの成果を,広くアセットマネジメント研究の一助となることを願って,書籍の出版,セミナー開催等により,外部に発信する活動を行ってきました.
 今回,その活動の一環として,トンネル維持管理実務に携わる方を対象に,セミナーを開催いたします.セミナー内容は,昨年6月に土木学会により公表された「インフラ健康診断書(道路部門試行版)」の概況(トンネル),トンネルを対象としたマネジメントシステムの検討・導入事例および笹子トンネル事故以降,会計検査に維持管理の実施状況も対象となっている現状を踏まえ,法的視点からみた維持管理など,維持管理における最新のトピックスを予定しております.また,講演後は,講演内容を踏まえた全体討議を予定しております.
会員・非会員を問わず維持管理実務に携わる方々,特に構造物を管理されている自治体の方々のご参加をお待ちしております.

ページ