第2回維持管理セミナーの開催について

2016年6月17日

 維持管理小委員会では,地下構造物の維持管理に関して早くから問題意識を持ち,1996年度から今まで様々な取り組みを行ってきました.そして,それらの成果を,広くアセットマネジメント研究の一助となることを願って,書籍の出版,セミナー開催等により,外部に発信する活動を行ってきました.今回,その活動の一環として,トンネル維持管理実務に携わる方を対象に,セミナーを開催いたします.
 セミナー内容は,6月に土木学会により公表された「インフラ健康診断書(道路部門試行版)」の概況(トンネル),トンネルを対象としたマネジメントシステムの検討・導入事例および笹子トンネル事故以降,会計検査に維持管理の実施状況も対象となっている現状を踏まえ,法的視点からみた維持管理など,維持管理における最新のトピックスを予定しております.また,講演後は,講演内容を踏まえた全体討議を予定しております.
 会員・非会員を問わず維持管理実務に携わる方々,特に構造物を管理されている自治体の方々のご参加をお待ちしております.

■ セミナー
行事コード 54601
略称 維持管理セミナー
日 時 2016年9月30日(金)14:00~18:00(開場13:30)
主 催 土木学会 地下空間研究委員会(担当:維持管理小委員会)
(後援:北海道土木技術会トンネル研究委員会)
場 所 北海道立道民活動センター かでる2.7(札幌市中央区北2条西7丁目 道民活動センタービル)
定 員 70名(先着順)
参加費 無料
講習会内容 ●プログラムおよび講師(予定):
14:00~14:20 委員会紹介および趣旨説明 (木村 定雄:維持管理小委員会委員長,金沢工業大学)
14:20~15:00 インフラ健康診断と道路メンテナンス年報の概況 (野村 貢:建設技術研究所)
15:00~15:40 法的視点による維持管理─トンネル関連の事故事例における法的責任の実態─ (松田 貞則:日本工営)
15:40~15:50 休憩
15:50~16:30 中日本高速道路におけるアセットマネジメントの導入事例 (森山 守:維持管理小委員会副委員長,中日本高速道路)
16:30~17:20 TMS分科会(北海道土木技術会トンネル研究委員会)における検討 (須藤 敦史:東北工業大学)
17:20~18:00 全体討議
司会:宇野洋志城(維持管理小委員会幹事:佐藤工業)

申込方法 土木学会ホームページ「本部主催行事の参加申込」にてお申込み下さい.
※申込みに関してのお願い
①申込締切日前に定員に達している場合がございますので予めご了承ください.なお,締切日以降の事前受付はいたしません.ただし,定員に余裕がある場合は,行事当日に会場にて受付いたします.
②申込後,やむを得ずキャンセルをされる場合は,開催日の1週間前までに研究事業課宛にご連絡ください.

申込締切日 2016年9月23日(金)【必着】

 
詳細:地下空間研究委員会ホームページ

※本セミナーは土木学会継続教育CPD(3.8単位)ポイントプログラムです.

■お問合せ先
公益社団法人土木学会研究事業課 小川祐司
TEL 03-3355-3559/FAX 03-5379-2769/E-mail:ogawa@jsce.or.jp   

以上

添付サイズ
2016年6月17日_第2回地下空間維持管理セミナー会告.pdf101.17 KB

»